白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

さて、凄く悲しい出来事がありました。
韓国紙「東亜日報」によると、小泉首相忠臣蔵を絶賛していることについて
「私も『忠臣蔵』を読んでみた…(中略)結論からいうと失望した」
と痛烈に批判し、日本の情緒や文化を否定するわけでもないと
書いていながら『忠臣蔵』を「矮小な義」とこきおろしました。
まったくの話、韓国が何を言おうがスルーするつもりではいましたが
この記事にははらわたが煮えくり返る。
小泉首相を批判するのは一向に構わないし、それについて何か言うつもりは
ないのですが、忠臣蔵を「矮小な義」と断定するのは許せない。
大体、この記事は思い切り主観が入っているではないですか。
社説でもコラムでもないのです。記事について言っているのです。
韓国の新聞にはジャーナリズムはないのでしょうか。
日本人に長く親しまれてきたのは、それだけ日本人の心を表しているからで
それを三流記者の端くれにどうこう言われる筋合いはない。
何と下劣で醜悪で卑怯な記事でしょうか。まったく頭にきます。
この記事を書いたキム・チャンヒョク記者は良い死に方をしないでしょう。