白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

本日午後、参考人質疑。
ニューザーの小嶋進社長に、旗色が悪い。
私の考えでは、この業界でこういったリベートや検査の手抜きはあって
当然のこと。それは建築を多少かじっている議員さんだったら
わかっているはずなのです。どこの業界でもこういったことはありますよ。
例えば、証券業界でも、改正金融商品取引法で、不招請勧誘を禁止している
けれども、新規開拓をするとしたら、それは土台無理なことです。
適当なところで折り合いをつけて、なぁなぁになる。これが業界なのです。
こんなことをいうと、公正取引委員会に怒られたりするかもしれないけど
実際考えてみると、建設業界だって同じことです。大手ゼネコンに発注がいく
のは当然のことですが、それでは地元企業が潰れる。それで中堅はやむを得ず
リベート、キックバックその他様々な対応をして仕事を貰いにいくわけです。
もちろんそれが公になることはとてもマズいことですが、それはタブーとして
暗黙のうちに行われていくのです。
渦中の不動産業界でもそういうことがあるのではないですか?
えーと、『日経業界地図2006』によりますと、マンションの最大手は
大京藤和不動産穴吹工務店リクルートコスモスなどなど。
ところが大京藤和不動産リクルートコスモスも再建中じゃないですか。
これはどういうことでしょう?ちなみに、リートも配当利回りが低下中。
ちょっと建てすぎちゃったかもしれませんね。
さて、あの姉歯建築士は欠席。
理由「外に出るのが怖い」
ひきこもり(´・ω・)カワイソス