白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

ディープインパクトが無敗で3冠馬となりました。
3冠はクラシック(皐月賞日本ダービー菊花賞)を制した馬を言います。
無敗で3冠馬となったのは皇帝シンボリルドルフ以来です。
3冠馬になったのはセントライトシンザンミスターシービー
シンボリルドルフナリタブライアン以来6頭目
一将の功成りて万骨枯る、という言葉があります。
同じことが競馬でも言えるのです。
勝つのは一頭。他の何頭もの馬が沈んでいくのです。
シンボリルドルフにはビゼンニシキというライバルがいました。
でもビゼンニシキはルドルフについに勝つことができなかったのです。
ビゼンニシキはそういう意味で、運が悪かったといえます。
因みにジャパンカップでは、ミスターシービーカツラギエースとで三強とも
言われました。ところがシンボリルドルフは下痢で惨敗するのです。
ディープインパクトにも皐月賞2着、ダービー3着のシックスセンス
がいましたね。今回は4着です。うーん、悪くない馬だとは思うのですが。
3着のローゼンクロイツは名前がかっこいいと思ったら
母が重賞馬のロゼカラーでした。時代は流れるのですね。