白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

国勢調査>調査員が悲鳴 市民団体設置の苦情電話に相談
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051002-00000006-mai-soci

何でも、国勢調査員が調査にやってきても居留守を使われる、調査を拒否される
といったことがあるようです。NHKじゃあるまいし、そんなことするわけがないと
思って記事をよく読んでみたら、こんな部分がありました。

相談を受け付けているのは「国勢調査の見直しを求める会」。
東京では9月25〜30日に約300件
大阪では同26〜30日に約150件の相談があり
調査員を名乗るものは2割を占めた。
「明らかに部屋にいるのが分かるのに呼び鈴に応じない。どうしたらいいのか」
「受け持ち区域の世帯を全部回りきれない」
「プライバシー保護を理由に調査を拒む人が多い」などの内容が目立つという。

私は総務省のHPで調査員について調べてみたのですが
政治的に色がない人や禁固以上の刑がない人でなければなれるそうで
特に規定はないみたいです。
とはいっても、あくまで公務員ですから、チャラチャラした人や誠意がない人
は当然ダメなわけです。「国にとって必要なもので、情報は責任を持って保管するから
お願いしたい」という人がなって然るべきです。
調査を拒まれでも、それは仕方ない。内閣の権利ではあるけれども
国民の義務ではないのですから、内閣の責任になるわけです。
当然前述した人や、もりよしさんの日記にある人は拒まれても仕方ない。
それに、広報活動にもどれだけ割いたでしょう。私は結構前にフルスタで貰った
団扇で知りましたし、CMもやってましたね。
でも具体的なことは全然知りませんでした。郵送で調査票が来るのかと思ってました。
だからCMにも「調査員が伺います。ご協力下さい」の一言があると違いますよね。
1日にも、私は友人に「調査票ってどこで貰えるの?」と聞いてばかりでした。
でも友人もよく知らなくて・・・ということがありました。
帰宅してみると置手紙。「留守のようなので明日の午後7時頃また伺います」
まだ来ません。もう22時です。ちょっと酷いと思います。