白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

今日は、読売さんの一次面接があった。ほんで、その前に散髪して
スキーリした状態で行きました。
おいらはアドリブが得意なので、志望動機や自己PRもバスの中で考えました。
そしたらアドリブじゃねーだろって?いや君、実はそれを考えるだけで
少しも覚えちゃいないんだな。つまり流れにのせるために導入部分をどうすっかって
ことだけ考えただけなんだ。そういうのって充分アドリブだよな?
そんで、まぁ着いたらすぐ面接が始まったわけなんだけど、その中で最終面接は
こういうことを聞かれるよー、と言われた。まぁ落ちるやつにそんなことは言わないよね。
手ごたえあり!と思って意気揚々とその場を後にしたのはいいんだが
面接はわすか10分弱で終わってしまったため、かなりヒマになってしまった。
実習中はやることがいっぱいありすぎて、こんな無駄な時間使ってるって覚えはあまり
なかったんだが(待機時間は思うまでもなく無駄だったけどね!)
とにかく、せっかく中心地まで来たのにすぐ帰っちまうのもなぁ…と思っていると
俺と同年代のおねーちゃんが話しかけてきた。
どうやら、旅行代理店が進出することになったらしく、そのための聞き取り調査だと
いうことだった。宇都宮出身だというんでおいらのきっくレーダーが反応。
「宇都宮だったらこの前行きましたよ!」
「あ、そうなんですか?」
なぜか意気投合してしまった…こっちがやたら質問するものだから
はたからみりゃ俺が調査員に見えただろう。
そう、なぜ意気投合したか。向こうはそれが仕事だからだ。
おいらの特ダネ魂をなめてもらっちゃ困るね。
で、夜に電話が来た。もしかしてキャッチセールスですか?と訊ねると
すごくムキになって否定する…怪しい。念のため所属課と上司の名前を聞いた。
それから番号案内で会社の番号を照会。
しかも、なぜか明日の11時に来いという。約束だから破るな、と。
企業たるもの、好感が命。こっちはいわば客なのだから破ろうが何しようが自由だ。
モーニングコールまでして来させようとする魂胆がミエミエだ。
とにかく株式会社kさん。違法行為をしたらどうなるかわかっていただこう。
ジャーナリスト志望のおいらに捕まったのが運のツキだと思ってね☆