白雉日報社公式ブログ

日本第一党選挙対策委員会委員長とかいろいろやっています。

今日も気がついたら土嚢運びをさせられていた・・・。
なんでこう毎日毎日・・・ぶっちゃけ嫌気がさす。
ハァ…と溜息をつきながらやっていたが、ついに俺の掘りたくてたまらん症候群
が再発し、1番目立たないところをザクザク掘っていた。
先輩には「土嚢なんて2年にやらせればいいべー」と言われたが
「いやぁ、誰もやらないんで・・・(苦笑)」と言うしかない。ていうかその時に
気付いたのだが、土嚢係なんて確かに俺しかいない・・・つまり、汚れ役・・・
じゃなくて、最も珍重される仕事なのではないだろうか?
確かに土嚢は重いし、袋持って方々駆けつけなきゃいかんけど、一段落つけば
別の調査区の様子を見にいけるし、結構自由がきく。
・・・実はおいしい?
ところが、先輩達が急に仕事を押し付け・・・じゃなくてよこすようになった。
報告書を書くのは3年だから、その勉強をしとけってことだそうだ。
いや、なかなか先輩方、気にかけてくださって大変嬉しい反面、これから
大変そうだなぁ・・・。
あ、そうそう。最後の方にTやんから遺構平面図の引継ぎを受けた。
待て待て、遺物もう全部だげてるじゃねーか、これじゃ何が何だかわからん。
Tやんは簡単に説明して帰ったが、俺は図面を見て何とかなるかなーと思った。
しかし・・・それが間違いの元だった・・・。
ワケワカラン!!そもそも遺物の配置を見ようとしても、上げちゃってるし。
ていうか基準がまずわかんねーし。
すいません、ぶっちゃけやっつけ仕事でした。2点しか取ってないから、位置は
ともかく、番号くらいはズラして何とかなるだろ。
教訓:仕事は最初から最後までやりましょう。